マガジンのカバー画像

【分類タグ】多言語で解説する

7
博物館・美術館・文化施設での多言語での展示作品解説の方法論や、多言語での訪日客への対応に関する記事をまとめたマガジンです。
運営しているクリエイター

記事一覧

日本の文化「もっとわかりやすく」 東京国立博物館が編み出した多言語での展示解説ノ…

 インバウンド(訪日外国人)がコロナ後に再び増える中、博物館や美術館で「多言語での展示・…

原爆の「実相」を世界に、広島平和記念資料館の多言語解説にみる徹底ぶりとこだわり

 1945年(昭和20年)8月6日、米軍が広島市に投下した世界初の原子爆弾(原爆)。広島平和記念…

多言語+体験型で「おもてなし感」厚く、江戸東京博物館のインバウンド向け展示手法

 2025年度中のリニューアル開館を目指して改修工事が進む江戸東京博物館(東京都墨田区)。東…

インバウンド刀剣ファンに響く外国語展示、2年目の模索――備前長船刀剣博物館 トゥミ…

 岡山県瀬戸内市が運営する「備前長船刀剣博物館」(以下、長船刀剣博)に多言語支援員(学芸員…

【備前長船刀剣博物館】日本刀の魅力を、英語でどう伝えるか。試行錯誤の挑戦(後編)

岡山県瀬戸内市「備前長船刀剣博物館」に、多言語支援員として着任したイギリス人のトゥミ・グ…

【備前長船刀剣博物館】日本刀は、なぜ1000年を超えても輝きを保っているのか?(前編…

2022年4月より、岡山県瀬戸内市の「備前長船刀剣博物館」に、多言語支援員としてトゥミ・グレ…

アイデアに学ぶ 「魅せる」展示とは?【ルポ】フランス・ベルギーの事例より

先日、数年ぶりに欧州を訪問しました。コロナ禍でどのような対応がなされているのか気になるところでしたが、ワクチン接種証明(pass sanitaire:衛生パスポート)を見せれば、基本的には問題なく入場できました。今回は、フランス・ナントにあるナント美術館とベルギー・ワーテルローの記念館を訪問しました。ともに共通するのは、来場者を引き込む仕掛けが多いところです。ユニークな事例でしたので、それぞれ順を追って紹介します。 ◆歴史ある街に溶け込む美術館 フランスのナント市は、フラ