文化観光コーチングチーム「HIRAKU」

文化庁より、「文化観光」に関する委託事業を受けて活動しています。多様な分野からの専門家…

文化観光コーチングチーム「HIRAKU」

文化庁より、「文化観光」に関する委託事業を受けて活動しています。多様な分野からの専門家の仲間たちが集まったチームです。文化観光に関する役立ちそうな情報を、HIRAKUチームがおすすめするグッドプラクティスとして発信していきます。

マガジン

  • 【分類タグ】地域と連携⇄魅力を共創

    文化の発信者や担い手と、観光・経済のプレイヤーが連携して地域の魅力を発信している記事をまとめたマガジンです。

  • 【分類タグ】コンセプトづくり

    文化観光についてのコンセプトづくりや計画づくりのノウハウに関する記事をまとめたマガジンです。

  • 【分類タグ】地域の文化資源を発掘

    地域にあるユニークな文化資源を「どうコンテンツとしていくか」に関する記事をまとめたマガジンです。

  • 【分類タグ】文化観光ワークショップ

    文化庁などが主催した文化観光ワークショップやシンポジウムの採録記事をまとめたマガジンです。

  • 【分類タグ】展示の工夫

    博物館・美術館での展示の手法や作品解説、見せ方などの工夫について書いた記事をまとめたマガジンです。

【分類タグ】地域と連携⇄魅力を共創

文化の発信者や担い手と、観光・経済のプレイヤーが連携して地域の魅力を発信している記事をまとめたマガジンです。

くわしく見る

世界遺産の富岡製糸場、「革新し続ける遺伝子」で誘客シナリオ練り上げる

 2014年(平成26年)6月に世界遺産として登録されて10周年を迎えた富岡製糸場(群馬県富岡市)が、2022年度から文化観光に取り組んでいます。文化観光コーチングを受けて、ホームページの刷新やインバウンド(訪日外国人)施策の基軸となる、全体を貫く「誘客シナリオ」=ストーリーラインづくりに着手しました。  2023年12月、富岡製糸場を管理する富岡市の文化観光チームは、観光客を地域に誘い込む基軸となる「誘客シナリオ」づくりを進める中で、新たなコンセプトワードにたどりついた。

スキ
16

日本六古窯の丹波焼「陶の郷」、文化観光で持続可能な窯元のあり方を探る

「丹波焼」の窯元で宿泊体験を――。兵庫県丹波篠山市の立杭地区にある丹波伝統工芸公園「立杭 陶の郷」が2023年度(令和5年度)から本格的に文化観光に取り組み始めました。日本を代表する古窯が、新たな時代にどう生き残るかがテーマ。宿泊施設のない土地ながら、「窯元に泊まる」という新基軸を打ち出しました。  日本文化の源流の1つとして愛されてきた陶磁器。中でも平安時代末期から生産が始まった、堅くて耐水性に優れた焼締陶器は、兵庫県 丹波篠山市の「丹波焼」をはじめ全国に6か所ある「日

スキ
25

「刀剣ファンの心つかむ」ミュージアムグッズづくりで初の交流会議、備前長船刀剣博物館と徳川美術館

 日本刀の産地として刀剣を専門とする備前長船刀剣博物館(以下、長船刀剣博、岡山県瀬戸内市)と、刀剣ファンからの人気が高い徳川美術館(名古屋市)の文化観光に取り組む担当者らが2024年2月、初めて顔を合わせて意見交換の会議を開きました。  テーマはミュージアムグッズや体験などの「商品造成」。文化観光のキーポイントとして、来館者を惹きつける商品づくりに力を入れてきた両者が、それぞれの視点からグッズ開発について知見と意見を交換しました。 刀剣でつながる2つの館  長船刀剣博は古

スキ
43

インバウンド刀剣ファンに響く外国語展示、2年目の模索――備前長船刀剣博物館 トゥミ氏に聞く

 岡山県瀬戸内市が運営する「備前長船刀剣博物館」(以下、長船刀剣博)に多言語支援員(学芸員補助)として2022年4月に着任した英国人トゥミ・グレンデル・マーカン氏。日本刀の魅力をもっと海外に伝えたいとの強い思いから来日し、2年が経過しようとしています。コロナ禍も落ち着きを見せてインバウンド(訪日観光客)が同博物館でも増えてきた中で、トゥミ氏は何を学び、刀剣の魅力をどのように発信してきたのでしょうか。トゥミ氏と、上司(同館主査)で学芸員である杉原賢治氏が2年目の挑戦を振り返りま

スキ
32

【分類タグ】コンセプトづくり

文化観光についてのコンセプトづくりや計画づくりのノウハウに関する記事をまとめたマガジンです。

くわしく見る

世界遺産の富岡製糸場、「革新し続ける遺伝子」で誘客シナリオ練り上げる

 2014年(平成26年)6月に世界遺産として登録されて10周年を迎えた富岡製糸場(群馬県富岡市)が、2022年度から文化観光に取り組んでいます。文化観光コーチングを受けて、ホームページの刷新やインバウンド(訪日外国人)施策の基軸となる、全体を貫く「誘客シナリオ」=ストーリーラインづくりに着手しました。  2023年12月、富岡製糸場を管理する富岡市の文化観光チームは、観光客を地域に誘い込む基軸となる「誘客シナリオ」づくりを進める中で、新たなコンセプトワードにたどりついた。

スキ
16

別府・鉄輪「地獄」が生んだ温泉文化を浴びる――地獄温泉ミュージアムで“名湯化”を体験

 山並みを眺めると所々で温泉から噴き上がる白い蒸気がたなびく大分県別府市。名湯で知られる同市の鉄輪地区に2022年12月、温泉を学べる博物館「地獄温泉ミュージアム」がオープンしました。「地獄がもたらす恵み」をテーマにしたミュージアムを今、なぜ立ち上げたのか。運営会社 Dots and L(ドッツアンドエル、別府市)の千壽智明社長に経緯をうかがいました。 雨粒になった自分が温泉になるまでをバーチャル体験  JR日豊本線の別府駅からバスで30分ほどの、温泉客や湯治客らがそぞろ

スキ
51

掲げる「旗印」伴走してチームから引き出す、文化観光コーチングの意義――令和5年度 文化観光「認定計画事業者会議」(後編)

 全国各地の自治体・文化観光拠点施設が推進する文化観光施策を、企画段階から取りまとめをサポートしているのが文化観光コーチングチーム「HIRAKU」です。2024年1月15日に開かれた「令和5年度 文化観光拠点施設を中核とした地域における計画推進支援事業 認定計画事業者会議」では、HIRAKUの3人のコーチが、岡山県瀬戸内市、大分県、徳島県が発表した先進的な取組について講評し、文化観光を推進する上での「要諦」を解説しました。 ◆最重要は旗振り役のリーダーシップ◎福冨 崇 コー

スキ
12

進化し続けるナイトミュージアム――成果が出始めた徳川美術館の試行錯誤

 博物館や美術館が夜の時間帯に特別企画展やイベントを開催する「ナイトミュージアム」が国内でも徐々に広がりを見せています。2021年(令和3年)から2023年末まで8回のナイトミュージアムを開催してきた徳川美術館(名古屋市)は文化観光の観点から、悩みながらも熱心にナイトイベントを磨き上げてきた館の1つです。徳川美術館の“試行錯誤の軌跡”を追いました。 「ナイトミュージアムの需要があるのかは半信半疑でした。過去に夏場などの夜間延長開館を実施したこともありましたが、人が来なく

スキ
11

【分類タグ】地域の文化資源を発掘

地域にあるユニークな文化資源を「どうコンテンツとしていくか」に関する記事をまとめたマガジンです。

くわしく見る

日本六古窯の丹波焼「陶の郷」、文化観光で持続可能な窯元のあり方を探る

「丹波焼」の窯元で宿泊体験を――。兵庫県丹波篠山市の立杭地区にある丹波伝統工芸公園「立杭 陶の郷」が2023年度(令和5年度)から本格的に文化観光に取り組み始めました。日本を代表する古窯が、新たな時代にどう生き残るかがテーマ。宿泊施設のない土地ながら、「窯元に泊まる」という新基軸を打ち出しました。  日本文化の源流の1つとして愛されてきた陶磁器。中でも平安時代末期から生産が始まった、堅くて耐水性に優れた焼締陶器は、兵庫県 丹波篠山市の「丹波焼」をはじめ全国に6か所ある「日

スキ
25

別府・鉄輪「地獄」が生んだ温泉文化を浴びる――地獄温泉ミュージアムで“名湯化”を体験

 山並みを眺めると所々で温泉から噴き上がる白い蒸気がたなびく大分県別府市。名湯で知られる同市の鉄輪地区に2022年12月、温泉を学べる博物館「地獄温泉ミュージアム」がオープンしました。「地獄がもたらす恵み」をテーマにしたミュージアムを今、なぜ立ち上げたのか。運営会社 Dots and L(ドッツアンドエル、別府市)の千壽智明社長に経緯をうかがいました。 雨粒になった自分が温泉になるまでをバーチャル体験  JR日豊本線の別府駅からバスで30分ほどの、温泉客や湯治客らがそぞろ

スキ
51

文化観光の勘どころを共有、初のリアル開催で参加者が得た手応え――令和5年度 文化観光「認定計画事業者会議」(中編)

 東京都品川区天王洲の「T-LOTUS M」で2024年1月15日に開かれた「令和5年度 文化観光拠点施設を中核とした地域における計画推進支援事業 認定計画事業者会議」。会場を提供した寺田倉庫の発表に続き、岡山県瀬戸内市、大分県、徳島県の3つの認定計画事業者が現時点での取組と課題を発表しました。それぞれどのように地域文化に光を当て、地域全体を盛り上げていったのでしょうか。3者の発表内容と、会議参加者の反応・コメントをまとめました。 刀剣の聖地として展開 岡山県瀬戸内市 岡山

スキ
8

ローコストでも「もっと学びたい」導く知恵――静岡・ふじのくに地球環境史ミュージアム(後編)

 廃校となった高校の校舎を活用して2016年にオープンした静岡県立の自然系博物館「ふじのくに地球環境史ミュージアム」(以下、ふじのくにミュージアム)は、展示にも学校の机などの資源を再活用しています。「再生」の精神に立つ展示デザインは国内外から高い評価を得ています。工夫を凝らした常設展示室や、展示交流員による「地球家族会議」など、来館者が自ら主体的に学ぶ意欲を刺激する展示づくりをリポートします。 順路サインとともに地球と生命の歴史をたどる  館内の廊下を歩いていると、ところ

スキ
14

【分類タグ】文化観光ワークショップ

文化庁などが主催した文化観光ワークショップやシンポジウムの採録記事をまとめたマガジンです。

くわしく見る

掲げる「旗印」伴走してチームから引き出す、文化観光コーチングの意義――令和5年度 文化観光「認定計画事業者会議」(後編)

 全国各地の自治体・文化観光拠点施設が推進する文化観光施策を、企画段階から取りまとめをサポートしているのが文化観光コーチングチーム「HIRAKU」です。2024年1月15日に開かれた「令和5年度 文化観光拠点施設を中核とした地域における計画推進支援事業 認定計画事業者会議」では、HIRAKUの3人のコーチが、岡山県瀬戸内市、大分県、徳島県が発表した先進的な取組について講評し、文化観光を推進する上での「要諦」を解説しました。 ◆最重要は旗振り役のリーダーシップ◎福冨 崇 コー

スキ
12

文化観光の勘どころを共有、初のリアル開催で参加者が得た手応え――令和5年度 文化観光「認定計画事業者会議」(中編)

 東京都品川区天王洲の「T-LOTUS M」で2024年1月15日に開かれた「令和5年度 文化観光拠点施設を中核とした地域における計画推進支援事業 認定計画事業者会議」。会場を提供した寺田倉庫の発表に続き、岡山県瀬戸内市、大分県、徳島県の3つの認定計画事業者が現時点での取組と課題を発表しました。それぞれどのように地域文化に光を当て、地域全体を盛り上げていったのでしょうか。3者の発表内容と、会議参加者の反応・コメントをまとめました。 刀剣の聖地として展開 岡山県瀬戸内市 岡山

スキ
8

寺田倉庫「アートの保管業から文化振興」シフトで躍動する東京・天王洲――令和5年度 文化観光「認定計画事業者会議」(前編)

 寺田倉庫は自社の倉庫スペースをいかに文化的な場につくり変え、本社のある天王洲(東京都品川区)を「アートシティ」へと生まれ変わらせたのか――。 「令和5年度 文化観光拠点施設を中核とした地域における計画推進支援事業 認定計画事業者会議」が2024年1月15日、東京都品川区天王洲の「T-LOTUS M」で開催されました。同会議での寺田倉庫による発表内容と、同社の拠点計画で中核となっている施設「WHAT(ワット)」と周辺を会議参加者が視察した様子をリポートします。 アートに

スキ
29

文化資源の魅力に触れる周遊体験づくり〜掘り起こし、ストーリーを編む〜 【第6回】文化観光ワークショップ開催リポート(その①)

 美術館や博物館などを訪問した旅行客が、地域の持つ文化資源の豊かさに魅せられてもっと地域を歩きたい、回りたいと思ってもらうには、どうすればよいのか――。  文化庁は2023年11月14日と21日の2日間、全国の博物館・美術館や自治体などの文化観光担当者向けに、文化資源と地域の魅力を一体化させ、訪問客に価値ある周遊体験を提供する「ストーリーづくり」を学ぶオンラインワークショップを開催しました。  初日(DAY 1)の講師は、墨田区観光協会などで観光開発に携わるなどの経験を持つリ

スキ
10

【分類タグ】展示の工夫

博物館・美術館での展示の手法や作品解説、見せ方などの工夫について書いた記事をまとめたマガジンです。

くわしく見る

進化し続けるナイトミュージアム――成果が出始めた徳川美術館の試行錯誤

 博物館や美術館が夜の時間帯に特別企画展やイベントを開催する「ナイトミュージアム」が国内でも徐々に広がりを見せています。2021年(令和3年)から2023年末まで8回のナイトミュージアムを開催してきた徳川美術館(名古屋市)は文化観光の観点から、悩みながらも熱心にナイトイベントを磨き上げてきた館の1つです。徳川美術館の“試行錯誤の軌跡”を追いました。 「ナイトミュージアムの需要があるのかは半信半疑でした。過去に夏場などの夜間延長開館を実施したこともありましたが、人が来なく

スキ
11

ローコストでも「もっと学びたい」導く知恵――静岡・ふじのくに地球環境史ミュージアム(後編)

 廃校となった高校の校舎を活用して2016年にオープンした静岡県立の自然系博物館「ふじのくに地球環境史ミュージアム」(以下、ふじのくにミュージアム)は、展示にも学校の机などの資源を再活用しています。「再生」の精神に立つ展示デザインは国内外から高い評価を得ています。工夫を凝らした常設展示室や、展示交流員による「地球家族会議」など、来館者が自ら主体的に学ぶ意欲を刺激する展示づくりをリポートします。 順路サインとともに地球と生命の歴史をたどる  館内の廊下を歩いていると、ところ

スキ
14

元・校舎の不利「逆に活かす」 プロ注目の展示力――静岡・ふじのくに地球環境史ミュージアム(前編)

 2016年3月26日に開館した「ふじのくに地球環境史ミュージアム」(静岡市)は、廃校となった高校の建物を活用した静岡県立の自然系博物館です。元・校舎という展示や収蔵資料の保管などに制約が多くある中で、多彩な展示手法を駆使して「地球環境史」の紹介に力を入れています。文化観光コーチングチームの関係者からも「他とは一味違う」と評される展示の工夫に迫りました。   JR静岡駅からバスで約30分。小高い丘の上に着くと、緑に囲まれた“校舎”が姿を見せる。ふじのくに地球環境史ミュージア

スキ
13

「だれもが楽しめる美術館」 ユニバーサル展示の気づきを発信する京都国立近代美術館

 「見る」だけでなく「触る」「聞く」といった、様々な感覚を使って作品を楽しめるユニバーサル展示に力を入れているのが京都国立近代美術館(MoMAK)です。障害のあるなしにかかわらず、「誰もが同じように満足できる空間」の可能性を追求し続けてきた同館は、まず「美術館はこうあるべきだ」という思い込みを見直すことから始めました。国内外から来館者を迎える文化観光の視点からだけではなく、多様な利用者に開かれた文化施設を目指すために取り組むべき重要な視点です。  真っ白な紙の上に、絵の輪郭

スキ
16